市川一級建築士事務所

どんなときに建築士に依頼する必要があるでしょうか

自分の家を新築したいとき

建物の設計をいたします。
公的資金融資の調査をいたします。

良い設計をするには、依頼者の生活を知らなくては出来ません。これからその家で生活されるのですから。
その為、幾度となく依頼者やそのご家族とお会いする必要があります。
必然的に良い設計をするためには、長い設計期間が掛かります。

賃貸のための建物を建てたいとき

建物の設計をいたします。
その地域の賃貸状況を調査します。
公的資金融資の調査をいたします。

地域の賃貸状況や融資状況に合わせた建物の提案をさせていただきます。

建物を建築するとき

工事監理をいたします。

設計図の通りに建物が建築されているか、手抜きはないかを建築主に変わって監理いたします。

地震が心配なとき

建物の耐震性を調査します。

まず耐震予備調査(耐震調査をする必要があるかどうかの調査)を行います。
必要と判断され、同意を得られれば見積もりの作成をいたします。
それから耐震設計へと進んでいきます。

建物や土地を購入するとき

建物や土地を調査いたします

多少安くても、違法な建築・手抜き建築を買われたのでは、今後売却する必要があるときに売れなかったり、建て直したくても建て直せないことになります。

隣が建築するとき

工事被害について事前調査検討いたします

隣の工事により、建物が傾いたりしないように、事前に工事責任者と打ち合わせをします。
万が一の被害を事前に防ぎ、さらに事前の状況を記録に残します。


只今無料相談を受け付けております

まずは無料相談をどうぞ!

次の要領で、E−MAIL又はFAX等にて願いします。

戻るHOME