市川事務所式、基準測量業務の手順 これは私の事務所に於いて実施している測量手順です。最近この様な手順の一部(又はほとんど)を省いて測量してしまう業者を少なくなく見かけます。そのような測量は将来に問題を残す事が考えられ、危惧してこのページをアップしたしだいです。測量業者を選ぶときの参考にしていただければ幸いです。
黒は外業、茶は内業 当事務所での関係書類書式など 特記事項・理由
業務依頼 事件簿への記入
業務詳細ファイルの作成
業務ファイルケースの作成
業務内容打ち合わせ
事件簿(土地家屋調査士会指定)
ファイルケース
詳細ファイル
日誌
ファイルケース・詳細ファイルは各業務毎に作成します。
ファイルケースには表紙を付けて件名などを記入し、資料・作成図書等を納めて随時利用します。
ファイルケース内は更に小袋に分けて(資料、データ、依頼人関係、隣地関係等)、ファイル内書類の出し入れなども表紙に記録します。
詳細ファイルには業務内容を詳細に記入します。
日誌にはその日の業務を時間毎に各自色分けして簡単に記入します。
建物用ファイルケース表紙詳細ファイル)今のところ手製です..
見積書の作成 現地下見
登記所調査
区役所道路課調査
(道路管理者の確認)
必要により都境界確定資料調査
測量計画策定
見積計算書入力計算
表計算ソフトにて見積作成
業務受託 受託の記録
必要により受託書類の交付
隣接者への案内書作成
案内書郵送
受託書類
下測量 当該土地の現況測量
当該土地を含む概区全体の測量
その隣接街区の測量
その他必要と思われる街区の測量
(道路境界確定済みの所など)
測量結果の計算
各筆界を求めるためには当該地の現況測量だけでなく、当該地を含む街区全体の測量が必要です。
測量方法は既存点による結合測量、又は任意座標による閉合トラバース測量とします。
(やむを得ない場合には開放トラバース測量といたします。)
測量器械は手作業による過ちを防ぐために全てのデータはデータコレクターによりPCに接続いたします。
道路境界の確認
(既に確認済みの場合は必要ありません)
申請現況図作成
土地所有者調書作成
公共用地境界確定申請書作成

境界確定申請
第1回打ち合わせ・役所担当者を確認
・・・・・・・・・・・・・・
現地再測量
測量結果の計算・作図
追加打ち合わせ
<以上を随時繰り返す>
・・・・・・・・・・・・・・
道路境界現地立会のお願いの作成
同発送
道路境界現地復元
道路境界現地立会
道路境界標埋設
写真撮影
道路境界図作成
役所担当者との打ち合わせ
道路境界図に依頼人の署名捺印
同隣接関係者の署名捺印
役所に図面提出
道路境界確認書の受領
道路境界確認済みであった場合でも、道路境界についての測量は必要です。
既存道路境界標が埋設後に何らかの事情で動いていることも考えられます。
隣地境界の確認 隣接所有者への立会依頼書作成
同発送
当該街区の復元計算
当該地の復元計算

隣接境界の現地復元
依頼人への説明
立会依頼返信の確認
隣接境界現地立会
境界標埋設
写真撮影
測量図の作成
写真帳の作成
土地境界確認書の作成

土地境界確認書に依頼人の署名捺印
土地境界確認書に隣接所有者の署名捺印
立会依頼書
返信ハガキ
境界確認書
筆界確認書
写真帳
隣地者との立会はお互いの所有権界を確認するためです。
所有権界と筆界とは異なる場合があります。
正しい筆界が何処なのかには当該街区全体の測量が必要です。
異なる場合にはそれぞれを別々に考える必要があります。
所有者同士が合意したからと言って筆界を勝手に動かすことは出来ません。
筆界を動かす為には分筆登記等が必要になります。

境界標はコンクリート杭、境界標、プレート貼り付け、この順とします。
それらが不可能の場合には鋲、刻み、ペンキ、とします。
コンクリート杭の埋設方法は別紙のようにします。

境界確認書(又は筆界確認書)は各々2通を作成しお互いに交わします。
これは両者の合意を示すためであり、単に立会同意書等へ署名捺印を求めるだけという方法では合意したと認められない場合があります。
境界確認書には測量図を合綴し、写真帳を添付します。
もしもの場合に境界が動いたかどうかは写真である程度分かるからです。
当職は今までに数回杭の位置が違うとのクレームを数年後に受けたことがあります。そしてそれは写真を参照するとハッキリ状況が異なっていることが分かり無事に解決しました。
動かした土木工事業者へクレームを付けてもらい、その業者からの依頼で復元埋設いたしました。
分割測量
分筆申請
分割計算
分割点の現地復元
分割点への境界標埋設
写真撮影
地積測量図の作成
分割予定地図の作製
委任状の作成

委任状・地積測量図に依頼人の署名又は捺印等
申請書の作成
土地分筆登記申請
(登記官現地立会に同行)
同補正
同受領
地図の閲覧
重要事項証明書の申請・受領
地積測量図
分割予定地図
委任状
申請書
重要事項証明書
地図
境界標は隣地境界の確認と同様です。
分割登記完了時には登記事項の確認と地図の確認をいたします。
万が一の場合はその場で対応いたします。
測量ファイルの作成 写真帳の作成
測量図・地積測量図・地図・隣地境界確認書、各写し作成
全てをファイル
(原本の交付を特に求められている場合を除き)境界確認書の原本は当職に於いて永久保存とします。依頼人にはその写しに「本書は原本に相違ない」旨の記載と当職の捺印をして交付します。
特に求められている場合には原本を交付し、当職保存用の写しに「何月何日原本は依頼人何某へ交付した」と記載して当職の捺印をし原本に代えて永久保存します。
依頼人への交付 業務報酬計算
請求書作成

測量図ファイル・分筆登記済み証・請求書の交付
銀行振込確認
領収書の作成
領収書の交付
事件簿に記入
業務ファイル・ケースの整理